日増しに存在感を強めるビットコイン(Bitcoin)の解説や、ビットコインをはじめとした仮想通貨の投資方法や注意点をご紹介します。

ビギナーさん必見!ビットコインの始め方とその準備

ビットコインの始め方と準備

様々なメディアでも取り上げられるようになった仮想通貨「ビットコイン」。しかし、意外と知られていないのが、その始め方や準備の方法です。
難しいように思われるかもしれませんが、実はとてもシンプルなのです。ビットコインを保管するための「ウォレット」を作成し、実際にビットコインを購入するだけ。
とは言え、ウォレットにも様々な種類があるので、しっかり学び、あなたの考え方とぴったり一致するものを選ぶことが重要です。

 

ウォレットにはどのような種類がある?

ビットコインのウォレットには様々な種類があります。ここでは簡単にウォレットの種類とそれぞれの概要をご説明します。

 

クライアント型

クライアント型は「完全型」と「簡易型」に分かれます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

完全型
ブロックチェーン上にある全取引データをダウンロードするのが、完全型です。
ビットコイン始まって以来の個人情報除くすべての取引履歴がダウンロードされますので、最低でも数10ギガバイトほどの容量があります。
今後、ビットコインの取引が活発化していくにつれ、さらに容量は増加の一途をたどることでしょうから、ハードディスクやメモリが対応できるスペックのパソコンでの利用が好ましいでしょう。

簡易型
ブロックチェーンをダウンロードしないのが、簡易型です。
容量が軽いため、スマートフォン版など様々なタイプのウォレットが登場しております。

 

オンライン型

パソコンなどインターネットブラウザにて操作できるウォレットがオンライン型です。
インターネットブラウザからウォレットにアクセスして操作しますので、パスワードが簡単に第三者に知られてしまわないように厳重な対策が必要です。

 

オフライン型

ビットコインをインターネットに接続されていない環境で保管するのがオフライン型です。紙に印刷されたペーパーウォレットなども、オフライン型に含まれます。
ハッキングなどインターネット絡みの問題は起こり得ませんが、紛失してしまったり災害などで紙が燃えてしまったりした場合は復旧ができませんので、注意が必要です。

 

「パブリックキー」と「プライベートキー」

ビットコインのウォレットでは必ずパブリックキーとプライベートキーが必要です。例えるならば、パブリックキーは鍵穴の役割をし、プライベートキーはその鍵となります。従って、パブリックキーのみではビットコインの取引や使用はできません。両方とも正しいキーが一致してはじめてウォレットのビットコインを操作することができるのです。
プライベートキーでのみパブリックキーを解除することができますが、万が一、プライベートキーが悪意のあるユーザーに漏れてしまった場合、あなたのビットコインが使われてしまう危険性があります。プライベートキーはあなたの資産を守るためにも、しっかりと保護する必要があるのです。

 

ウォレットを守ることが重要

資産を保護する

ビットコインのウォレットは実生活での財布と何ら変わりません。資産を保護するためには安全に守る必要があります。ビットコインは世界中に送金が可能です。しかし、その安全上については常に警戒が必要と言えるでしょう。あなたの大切な資産であるビットコインを守るために、最も安全であるとあなたが判断できたウォレットを選ぶことをおすすめします。
では、実際にビットコインを手に入れるにはどのような手続きが必要なのでしょうか。ビットコインを手に入れるもっとも一般的な方法は、取引所で購入することです。
日本では、「bitflyer」「zaif」「Quoine」など複数の取引所が存在しています。
その他、お小遣いサイトと呼ばれるような一部ポイントサイトにて、ポイントとビットコインを交換する、または広告収入としてビットコインを稼ぐという方法もあります。

関連記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031