日増しに存在感を強めるビットコイン(Bitcoin)の解説や、ビットコインをはじめとした仮想通貨の投資方法や注意点をご紹介します。

ビットコインは無料で増やせない?採掘(マイニング)について

採掘(マイニング)について

ビットコインの大きな特徴として挙げられるのが、採掘(マイニング)でしょう。
マイニングとは、既存の通貨とは異なり「みんなで管理する」というシステムを導入しているビットコインならではのデータの整合性の担保方法です。同時に、これはビットコインの総量を増やせる唯一の行為なのですが、そのシステムをしっかりとイメージできる方はそう多くないのではないでしょうか。ここではマイニングについて具体的に説明していきます。

 

イメージは「アルバイト料」

一定期間ごとに、すべての取引が台帳に記録されるブロックチェーン。その処理にはネットワーク上に分散保存されている取引台帳データと、追対象期間に発生したすべての取引データの整合性を取る必要があります。
この作業はコンピュータによる演算で実現されますが、膨大な計算量が必要です。というのも、分散保存されている大きな取引台帳データも、追記対象の取引データも、すべてをしっかり検証したうえで追記する必要があるからです。
これは特定のリソースではまかないきれるものではないため、ビットコインではこの追記作業にネットワーク上にあるコンピュータの演算能力を利用しています。複数のコンピュータの演算能力を持ち寄ることで膨大な演算を行い、全員が共有する大きな取引台帳に追記しているのです。この追記作業の報酬として支払われるのが、ビットコインなのです。

 

過度なマイニングによるインフレは起きる?

ビッドコインは分散台帳を全プレイヤーで管理するという手法「ブロックチェーン」を利用しています。このブロックチェーンの維持に貢献し報酬としてビットコインを得る行為をマイニングと呼びますが、採掘には非常に高性能なコンピュータが必要なため、実際にマイニングで一定以上の利益を得ている人はそう多くないでしょう。
今後、採掘方法が簡略化するなどして採掘が活発化し、ビットコインが大量に発行される事態になれば、ビットコインの数量が過多になりインフレーションが引き起こされてしまうという懸念も指摘されています。しかし、ビットコインの総発行量は2140年までに2100万枚と上限が定められており、現時点ではそれ以上に価値が下がるということは考えられないでしょう。

マイニングによるインフレ

デメリットって?

エネルギー消費の拡大

マイニングには膨大な演算が求められます。膨大なエネルギーが必要とされるため、今後利用者の数が増えていけばいくほど演算に必要となるエネルギー量は増えていき、エネルギーの効率化は問題になってくると予想されています。
また、ビットコインの採掘(マイニング)難易度は現時点で非常に高くなっており、すでに通常のコンピュータでは生成できない状況になっています。最低でも数百万円レベルでの投資をしないと稼げないというレベルなのです。

 

効率性に欠ける

ブロックチェーンの維持に欠かせないマイニング。本来はネットワーク上に存在する、あらゆるコンピュータが参加することができますが、先ほども記載した通り、膨大な演算が求められるのです。これは個人のリソースではなかなか賄えきれるものではありません。
現在はビットコイン採掘専用のコンピュータまで開発されるようになりました。何十万、なかには何百万とするような高性能コンピュータでマイニングに挑戦される人もいるそうですが、効率性には疑問の声が上がっています。

 

今やビットコインのマイニングは、高性能なコンピュータを複数保持し、多人数によるチームワークで挑まなければできないと言われています。およそ個人がチャレンジするにはハードルが高いといえるでしょう。これからマイニングは利益を得るために行うものというよりも、システムを安全な状態に維持するために皆が協力して行うものという、ある種の助け合いの精神が求められてくるとも考えられています。

関連記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031