日増しに存在感を強めるビットコイン(Bitcoin)の解説や、ビットコインをはじめとした仮想通貨の投資方法や注意点をご紹介します。

ビットコインを購入するための方法について

ビットコインの購入方法

全世界から注目の的になっている、ビットコイン。資産運用の一環として保有・売買をお考えの方も多いでしょう。しかし、多くを知らぬうちにビットコインの購入をしようとするのはリスクが高いでと言えます。
ビットコインには購入以外にも入手できる手段があり、購入方法にもいくつかのパターンがあります。
しっかりと適切な情報を仕入れて、すべての選択肢を考慮したうえで、ご自分に合った入手方法を選ぶことをおすすめします。

 

ビットコインを手軽に入手するには?

ビットコインの入手には大きく分けて次の3つの方法があります。

  1. 円などの通貨とビットコインをトレードする(すなわち購入です)
  2. ブロックチェーンの演算に貢献することにより報酬としてビットコインを受け取る
  3. 何らかの対価としてビットコインを受け取る方法

さらにビットコインは 採掘(マイニング)により入手する ことも可能ですが、一個人が持つコンピューターのスペックやリソースでは十分な対価を得ることはとても難しいでしょう。なぜなら、ビットコインの採掘には膨大な量の演算が求められるため、しっかりとした利益を確保するためには何百万円という設備投資が必要となるからです。
ビットコインは通貨としての側面も持ち合わせていますので、前記したように労働などの対価としてビットコインを受け取ることは可能です。しかし、ビットコインが使えるお店がまだまだ少ないように、労働の対価としてビットコインが選ばれるというケースもごく稀でしょう。
これらの状況から、ビットコインを入手するための最も手軽な方法は1つ目の.購入だと言えるでしょう。

 

購入には「直接買う」と「間接的に買う」の2種類がある

ビットコインの購入方法は2種類あります。

直接購入する方法

ビットコインの取引所に登録して購入する方法です。ビットフライヤーをはじめ日本にも数多くの取引所が存在します。
この購入方法は株式取引の経験がある方であればイメージしやすいでしょう。「板」と呼ばれるビットコインの売買注文を見て、買いたい数量と価格を決定して購入します。板の中にある売り注文から選んで購入する場合もあれば、自分自身で指値注文(値引き注文)をして板に買い注文を載せるということも可能です。
注意すべき点としては、指定している値段・数量で売ってくれる人が現れなかった場合、注文が流れてしまうことです。
また取引所内にある「販売所」を利用するのも1つの方法です。
取引所では価格を自身で設定できましたが、販売所では価格があらかじめ定められています。販売価格は、取引所で流通している価格よりも高いことがほとんどです。
この価格差は、販売所の運営にかかる手数料とスプレッド(価格差)で取引所が利益を得るために発生しています。

 

間接的に購入する方法(購入代行)

間接的な購入には様々な方法があり、どのような場所ででも売買の可能性が発生します。
たとえばオークションサイトでの購入代行を利用する場合も間接購入にあたりますし、個人間で集まり、その場で売買する場合も間接購入にあたります。
この場合は値付けが他者に一任されるため、そのリスクをしっかりと見極め、ルールなどを相互で確認することが重要です。

 

2種類の購入方法
 

利用前にはウォレットを準備する

ビットコインの購入にはウォレットが必ず必要となります。
ウォレットにはクライアント型、オンライン型、オフライン型の3つの種類があります。

クライアント型

「クライアント型」は専用ソフトウェアをコンピューターにインストールして使用しますが、ブロックチェーンに記録されたビットコインの全取引の記録ごとインストールされますので、高スペックなコンピューターが必要になるでしょう。

オンライン型

普及が進んでいるのが「オンライン型」です。
インターネットのブラウザからアクセスできる手軽なウォレットと言えるでしょう。しかし、そのセキュリティには常に警戒が必要です。

オフライン型

「オフライン型」はインターネットの接続されていないハードウェアや紙にて管理する方法ですので安全性は高いと言えますが、紛失のリスクはあります。

一口にウォレットと言っても様々な種類がありますので、それぞれの特徴を把握したうえでご自分の取引に合ったウォレットを選びましょう。

関連記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031