日増しに存在感を強めるビットコイン(Bitcoin)の解説や、ビットコインをはじめとした仮想通貨の投資方法や注意点をご紹介します。

実はシンプル? ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンはビットコインの考案者と言われる、中本哲史(Satoshi Nakamoto)によって生み出された技術です。ビットコインを支える中核技術なのです。
ビットコインが広く認知されていくことに伴い、ブロックチェーンの注目度も高まりつつあり、現在では金融や契約等の分野でも利用できないかと模索されています。ブロックチェーンの仕組みは実にシンプルです。ビットコインの理解を深めるためにもぜひ押さえておきましょう。

 

ブロックチェーンは巨大な台帳

ブロックチェーンはビットコインの誕生から今までの全取引が記録されている、いわば巨大な台帳なのです。もちろん銀行など既存のシステムでも台帳は存在しますが、この場合は銀行と預金者のみが使用可能な台帳です。しかしブロックチェーンはインターネットにさえ繋がっていれば世界中の誰もがどこからでも使える台帳なのです。
身分証もいらず、簡単なアカウント発行させしてしまえば人や場所を問わず利用できます。これは大きなメリットと言えるでしょう。これまでの世界中の貨幣は中央管理者(中央銀行などの金融機関)が多大なコストとエネルギーを使って、「ここに預けていれば問題は起きない」という信用を創出しつつ、全ての取引データを管理する「中央管理台帳」と呼ばれるシステム下で管理されておりました。このシステムの利点は中央管理者のみを信用すればよいという点です。一方で、ブロックチェーンには中央管理者は存在しません。データを不特定多数のプレイヤーで「分散管理」するというシステムなのです。
つまり、その取引に参加しているプレイヤー全員が正台帳を保有していることになります。更新情報を相互で共有・確認し、全プレイヤーが台帳情報を一致させることで、悪意のあるプレイヤーの情報改ざんなどを遮断する仕組みが構築されています。
これがブロックチェーンの最大の特徴なのです。
ブロックチェーンを支えているのは、参加者それぞれなのです。参加者のコンピューターの演算能力を少しずつ利用することにより、ブロックチェーンのシステムは保たれているのです。このようなシステムはP2P(ピアツーピア)と呼ばれています。ブロックチェーンに参加するコンピューター間で直接データを送受信しているのです。これらを保つためにもコンピューターの演算能力の使用を許諾している人は報酬としてビットコインを受け取ることができます。膨大な数のコンピューターで演算することにより、どれか1箇所が壊れてしまった場合でもブロックチェーン全体にはまったく影響が及びません。コンピューターそれぞれの演算能力を利用することによって、ブロックチェーンのシステムは維持されているのです。

 

ブロックチェーンのブロックとは

ブロックチェーンの「ブロック」とは

それではブロックチェーンの「ブロック」とは何を意味するのでしょうか?
「ブロック」とはデータのかたまりを表します。これらをチェーンのように繋いでいき、分散されている台帳に保存しているのです。
例えば、最新の取引記録とその前の取引記録とに不適合があった場合、他の台帳との整合性が取れなくなります。このような場合、他のブロックの正しい情報に修復されます。
仕組み上、不正ができないことから、極めて高い安全性を保持していると言えるでしょう。

 

今後に期待されるブロックチェーン

ブロックチェーンの技術により、ビットコインは個人間でも安全に取引が行えるようになりました。ブロックチェーンに記録された全情報は一切の変更ができないため、ブロックチェーンに原本があったとしても改ざんされることはありません。このようなことから、いつでも原本を証明でき、あらゆるモノの証明が可能になったと言えるでしょう。
多様なメリットを持つブロックチェーンの技術には、これからより多くのシーンでの活用が期待されているのです。

関連記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031