日増しに存在感を強めるビットコイン(Bitcoin)の解説や、ビットコインをはじめとした仮想通貨の投資方法や注意点をご紹介します。

おさえておきたいビットインの「メリット」と「デメリット」

メリットとデメリット

2008年に概念が生まれ、翌年にリリースされたという新しい仮想通貨がビットコインです。
実用化の過程にあるいま、さまざまな問題に直面していると考えられています。もちろん、原理的にインフレしない、世界中の誰にでも即時に無料送金ができるなど様々なメリットがあることも事実ですが、大切なのはメリットとデメリットを正しく認識し、運用していくことでしょう。
ここではビットコインのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

意外と多い! ビットコインのメリット

ビットコインには主に以下のメリットがあり、各所から注目されています。

  • コイン量に上限が設けられている
  • 世界中の誰にでも即時に無料送金可能
  • いくらからでも、いくらまででも送金可能
  • P2Pのため安心
  • 個人情報の漏えいのおそれがない
  • 時価総額が高い

しかし、多種多様なメリットを持つビットコインですが、デメリットがないわけではありません。
いちプレイヤーとして参加する際には、以下のようなデメリットがあることも認識しておきましょう。

 

知っておきたいビットコインのデメリット

デメリットを知っておく

価格変動の幅が大きい

国や中央機関から価値が担保されていないビットコインは、需給の関係が大幅に変化した際、価格に直接的に転嫁されてしまいます。
トレードにおいて大きな利益を得やすいという面では、デメリットだけでなくメリットとも言えますが、通貨を広く市場に流通させるには、ある程度の安定性が必要だという声も少なくありません。

 

犯罪や違法物の取引に利用される可能性

ビットコインのメリットでもある匿名性が犯罪に利用されるおそれがある、という指摘もあります。
ビットコインはウォレットと呼ばれる口座に、都度生成されるビットコインアドレスを記帳していく方法を取っているので、取引に本名や住所などの個人情報を記載する必要がありません。これは情報漏えいのリスクを回避できるというメリットとなる反面、マネーロンダリングや違法取引の手段として利用されやすいという側面もあります。
事実、中国では金融機関での取引・使用が禁じられ、欧州銀行監督局でも利用者保護に欠けるという観点から警告がなされているのです。

 

エネルギー消費の拡大

ビットコインの安全性を担保する仕組みとして、取引の記録の際に膨大な計算処理を行うというものがあります。
ビットコインの取引履歴が悪意のあるハッカーなどに改ざんされないように作り出された仕組みですが、コンピュータで膨大な演算をしていく必要があります。それは採掘(マイニング)と呼ばれ、演算が完了した報酬としてビットコインが発行されるのですが…。この計算には膨大なエネルギーが必要とされるため、今後利用者の数が増えていけばいくほど演算に必要となるエネルギー量は増えていき、エネルギーの効率化は問題になってくると予想されています。

 

「51%攻撃」というリスク

ビットコインの採掘(マイニング)難易度は現時点で非常に高くなっており、すでに通常のコンピュータでは生成できない状況になっています。最低でも数百万円レベルでの投資をしないと稼げないというレベルです。
現在、採掘量の約80%以上は中国が占めている状態なのですが、単一グループが極端に多くの採掘を行うと、マイニングパワーが50%を超え、主導権を握ることができてしまうというリスクとして認識されています。これを「51%攻撃」と呼びます。致命的な問題ではないという意見がある反面、先が見えないリスクを抱えているとも言えるでしょう。

 

最大取引量の問題

ブロックサイズ、スケーラビリティ問題とも言われていますが、現在ビットコインが処理できる最大の取引量は7tps(取引/秒)です。
1日に最大で604,800取引までしか処理できないという計算になります。これはクレジットカードの取引可能量に比べて圧倒的に低い水準であり、ビットコイン市場が拡大してきた際における実用性の観点から問題だとされています。

関連記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031